プロテオグリカン化粧品−口コミ・成分徹底調査

プロテオグリカン配合洗顔料、DHCブライトニングホイップウォッシュとは

プロテオグリカン配合の洗顔料を探していたら、DHCブライトニングホイップウォッシュがありました。

 

保湿成分としてプロテオグリカンが配合されています。
プロテオグリカンのことは、「ヒアルロン酸と同等以上の保水力を誇る、
話題のうるおい成分[プロテオグリカン]」と紹介されています

 

プロテオグリカン配合DHCブライトニングホイップウォッシュ

 

DHCブライトニングホイップウォッシュのメリット

この洗顔料はワンプッシュで炭酸を含んだ泡が出てくるので、
泡立てネットで泡を作る手間なしなのもうれしいところ。
そのうえ、泡がとてもキメ細かくて肌に密着するから毛穴に詰まった汚れもしっかりオフしてくれる優れもの。

 

知らず知らずのうちに肌に蓄積したくすみ汚れを力技で取ろうとすると肌に負担がかかって
さらに乾燥やシミなどの原因になってしまいます。
でも炭酸ならこすることなく、汚れをオフしてくれるのがうれしいところです。

 

しっかりとした汚れ落とし系の洗顔料は肌の潤いまで取ってしまうものが多いですが、
そのデメリットをカバーするのが、保湿力に優れたプロテオグリカン。

 

プロテオグリカン配合洗顔 DHCブライトニングホイップウォッシュ

 

くすみが気になる、肌の乾燥も気になるという2つの悩みを1本で解決してくれる洗顔料です。

 

ホイップウォッシュという名前のとおり、泡は濃密クリーミーで肌を優しく包んでくれます。
プッシュするだけの簡単さで、この泡が得られるのは、とても楽でたすかりますね。
香りはホワイトブーケ、やさしい香りの泡に包まれると癒されます。

 

DHCブライトニングホイップウォッシュの使い方

ブライトニングホイップウォッシュは炭酸泡洗顔なので、使い方が少し特殊です。
プロテオグリカン配合洗顔料

 

@泡を出す前に、ボトルをシェイクしてピンポン玉2つぶんくらいを出す。
A目と口のまわり以外の顔全体にのばして1分ほどそのままにする。
B軽くマッサージするように洗う。
C水かぬるま湯ですすぐ。

 

濡れた手でも使えるので、入浴のときに使えて便利です。

 

DHCブライトニングホイップウォッシュのデメリット

唯一の注意点は、縦にしてプッシュすること。
横にしてプッシュするとガスだけが出てしまって、最後まで使えない可能性があるそうです。

 

DHCブライトニングホイップウォッシュの成分

 

水、LPG、グリセリン、スルホコハク酸ラウレス2Na、ココイルメチルタウリンNa、
セタノール、BG、二酸化炭素(炭酸ガス)、オレイン酸ポリグリセリル−10、
グルコノバクター/ハチミツ発酵液、水溶性プロテオグリカン、
ハイブリッドローズ花エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、
キラヤ樹皮エキス、ムクロジ果皮エキス、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、
トコフェロール、グリチルリチン酸2K、キサンタンガム、
EDTA−2Na、フェノキシエタノール、香料